ガレージ、倉庫、物置、カーポート、ウッドデッキ、を埼玉県飯能市、日高市でお探しなら激安のRED CLOUDにおまかせください。

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品の選び方

【取扱い主要メーカー】
取扱い主要メーカー
  • 物置
  • カーポート
  • サイクルポート
  • ウッドデッキ
  • テラス

物置


①物置に収納したい物の大きさ・量を確認

大きい物を収納する場合は、物置内部の広さだけでなく、開口部の大きさにも注意が必要です。長期間利用する事を想定し、余裕のあるサイズをおすすめします。

②設置スペースを確認

間口・奥行・高さ共に少し余裕のあるサイズをお選び下さい。商品・施工内容にもよりますが、目安として左右に30㎝、物置後方に10㎝、物置上部に10㎝のスペースが必要となります。

物置の下には、ブロック(10㎝)を置きますので、その分の高さも考慮して下さい。地面だけではなく物置上部の障害物も確認しましょう。


A:本体(屋根を除く部分)の間口寸法です。屋根の幅は、本体より広くなっています。
B:本体(屋根を除く部分)の奥行寸法です。間口同様、屋根は本体より広くなります。
C:屋根部を含めた高さ寸法です。物置の下にはブロック(10㎝)を置きます。
D:収納物を出し入れできる開口部の幅と高さです。扉の枚数や扉の開き方により、有効開口寸法も異なります。

カーポート

①車のサイズを確認
サイズ別車種分類目安
全幅 全長 全高 車種
軽自動車 1,480 3,400 1,650 タント・ステラ・ワゴンR等
小型車 1,680 4,500 1,500 マーチ・ヴィッツ・デミオ・フィット等
中型車 1,700 4,800 1,500 プリウス・プレミオ・インサイト等
ワンボックス 1,700 4,800 2,000 ステップワゴン・ヴォクシー・セレナ等
大型車 1,820 5,000 1,500 クラウン・シーマ・レクサス等

■間口(全幅)について

前面道路の幅員や車の回転半径を考慮し、間口に余裕を持たせる事が重要です。
また、車のドアの開閉を考慮しましょう。一般的にはドアの開閉には700mm~1,000mm必要とされています。
1台用の場合、約2,400mm~約3,000mmのサイズがあります。並列駐車の場合、2台用・3台用もあります。

■奥行(全長)について

トランク・テールゲートからの荷物の出し入れも考慮しましょう。
1台用の場合、約5,000mm~約5,700mmのサイズがあります。1台+自転車等もおける1.5台分相当のタイプや、縦列駐車2台用もあります。

■高さ(全高)について

柱の高さは、各メーカー2種類~3種類ございます。(1,800mm~2,800mm前後)
車にキャリアーをつけている(つける予定がある)場合は、その分の高さも考慮しましょう。設置面に傾斜がある場合、カーポートを地面の傾斜に合わせて斜めに設置する事はできない為、前後左右でどのくらい有効高が変わるか注意が必要です。

②設置スペースの確認

設置スペースがきれいな四角でない場合、複数個所の寸法を確認しましょう。
建物に隣接して設置する場合、『窓枠等にカーポートが接触しないか』や『建物の屋根からの落雪等』にも注意が必要です。また、柱を立てる位置に住宅の配管等があるかの確認も重要です。柱位置には深さ50㎝前後の穴を掘り、柱を埋め込みます。配管にあたる場合、サイズを再検討する必要があります。

③耐雪・耐風圧について

地域や設置条件を考慮しましょう。メーカー・商品によりますが、耐雪は20㎝~200㎝、耐風圧35m/秒前後~45m/秒前後の商品があります。

④屋根材の選び方

ポリカーボネート板と熱線吸収(遮断)ポリカーボネート板が一般的です。その他、メーカーにより、プライバシーに配慮したFRP板や、汚れの付きにくいアクアポリカーボネート板などもあります。

【ポリカーボネート板】紫外線をカットし、耐衝撃性に優れた屋根材です。
【熱線吸収(遮断)ポリカーボネート板】熱線を吸収(遮断)し、カーポート下の車内温度の上昇を抑えられる屋根材です。

⑤本体色の選び方

一般的には、住宅のサッシの色と合わせることで、見た目がスッキリします。

サイクルポート

①収容台数の目安

一般的には、自転車1台で約600mmの間隔が必要とされています。奥行2,000mm~2,500mmの商品で3~4台、奥行2,500mm~3,000mmの商品で4~5台を目安にして下さい。

②カーポートと同様のポイントを確認して下さい。

ウッドデッキ

①使用用途や設置スペースに合わせてサイズを選びましょう。
②ウッドデッキの高さの確認

一般的には、設置する地面からサッシの下までの高さに合わせて必要な脚(束柱)の長さを選んでいきます。実際の寸法より少し長い束柱の商品をお選び頂き、施工時には、束柱を切断する事で対応可能です。

テラス

①使用用途や設置スペースに合わせてサイズを選びましょう。
②屋根材の種類や耐雪は、カーポートと同様のポイントを確認しましょう。
③屋根の形状

Rタイプ:屋根先がカーブしており、雨の吹き込みを軽減できます。
Fタイプ:屋根がフラットなタイプです。商品価格はRタイプより少しお安くなります。

④柱の有無について

柱有りの場合、屋根の先端に柱が付くタイプと、柱の位置を調整できるタイプがあります。柱無しの場合、テラスの出幅が制限されます。設置スペースにあわせて選びましょう。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です